そもそも株式投資とは?

私達が何らかの固有の資産を有しているように、それらは時に価値を持つものとなります。それら価値を持つものは、いわゆる『有価』で取引されることがあり、実際にそれを取引した人はそれから利益を上げることがあります。

私達はその取引を個人間で行いますが、いわゆる『株取引』というのは、厳密に言えば、私達個人、いわゆる投資家と、一企業との取引となります。そもそも株式というものが会社の発行するものであり、その株式を購入することによって、その会社に『投資』することとなります。

しかしその投資は、いわゆるボランティアではなく、あくまで『見返り』を期待して、いえ、それを前提に行うものです。会社の株主となれば、株主総会などに参加することができ、間接的に会社の経営に関わることとなります。また、株主への配当金もあります。

基本的に、私達が株式投資から得られるのは、『キャピタルゲイン』であり、それは株式を購入した金額と売却した差額によって利益を得る方式ですが、前述したように、企業から配当される配当金による利益が、このインカムゲインに当たります。基本的には株式投資の利益に関して覚えておくと良いでしょう。このほかにも、ポイントとなる点があります。