そもそも株式投資とは?

私達が何らかの固有の資産を有しているように、それらは時に価値を持つものとなります。それら価値を持つものは、いわゆる『有価』で取引されることがあり、実際にそれを取引した人はそれから利益を上げることがあります。

私達はその取引を個人間で行いますが、いわゆる『株取引』というのは、厳密に言えば、私達個人、いわゆる投資家と、一企業との取引となります。そもそも株式というものが会社の発行するものであり、その株式を購入することによって、その会社に『投資』することとなります。

しかしその投資は、いわゆるボランティアではなく、あくまで『見返り』を期待して、いえ、それを前提に行うものです。会社の株主となれば、株主総会などに参加することができ、間接的に会社の経営に関わることとなります。また、株主への配当金もあります。

基本的に、私達が株式投資から得られるのは、『キャピタルゲイン』であり、それは株式を購入した金額と売却した差額によって利益を得る方式ですが、前述したように、企業から配当される配当金による利益が、このインカムゲインに当たります。基本的には株式投資の利益に関して覚えておくと良いでしょう。このほかにも、ポイントとなる点があります。

資産形成には株?

人は人生を見据えたとき、自分のためになる何かを行いたいと思っています。それは、どのようなことであっても、まさに自分の将来に貢献するものであって、それを決して無駄になるものとは考えていません。
勿論、私達の将来を決めるのは私達自身ですが、そもそもどのような将来を迎えるかというのは、過去の時点では決めようがありませんし、予測できないことだってたくさん起こりうることを考えれば、どのようなことですら私達は行いたいと思っています。

さて、将来の為にそのような考えを抱いて、出来ることを行うこと、それは将来への『投資』と言えますが、私達が良い将来を迎えるためにできる『投資』には、どのようなものがあるのでしょうか。また、どのような努力ができるのでしょうか。

その一つに、『株式投資』というものがあります。なぜここで株?と思われるかもしれませんが、私達が今現在ある一定の資産を持っているとして、その資産形成を行う上ために株のトレードを行うのは良い方法であると言えます。そもそも資産形成であったって、ある程度の初期投資が必要ですし、ある程度の資産を持っていなければ行うことは出来ません。

しかし、その資産を有効活用することができて、効率よく管理することができれば、より資産を増やすことができるかもしれません。そこで、様々な投資方法を考えて、より資産形成に寄与する方法を実践してみるのは無駄ではありません。それらについて、考えてみましょう。