失敗しない投資のために

どのようなことでも失敗がつきもののように、全く1度も投資において失敗したことがない、という投資家は、もはや未来が見えているとしか言いようがありません。そのくらい、投資の全てにおいて成功を収めることは難しいのです。
ですから多くの方は先にリスクを管理して、ここまでなら失っても良いと言う範囲を設けておくことによって、失敗したとしてもそこまで大きな打撃は受けないでしょう。

100%成功を収められないからこそ、私達には状況を良く観察し、見極める力が必要になります。
もちろんこのためには基本的な事柄を学ぶ必要がありますし、状況に応じた対応、臨機応変さも、必要となります。それは先ほどのページでも扱ったように、『リスク管理』に繋がるからです。
今有している資産を増やすために行う投資が、逆に失わせてしまうものになるのであれば、意味がありません。ですから、他のどんなこととも同じく、慎重さが求められるのは言うまでもありません。

もちろんそれには、『投資を行わない』という選択肢もあります。投資を行わなければ、資産を失う可能性もありません。投資がどれだけの可能性を持っていても、それを生かすことができるかどうか、それは私達次第なのです。

投資における心得

どのような成功が見込める方法であっても、『心得』のようなものが必要になることが多いでしょう。そもそも一時期継続して成功を収めているとしても、自分がしらないうちに、突然没落することがあります。

投資という面においては、その点がとても強く、警戒しなければならないことが分かります。それは、いわゆる『リスク』を管理するということと繋がります。たとえどのようなことであってもリスク管理が必要なのは、そもそも私達は投資などの行為に関して、その結果がどうなるかということを予測することは出来ないからです。
ということは、勿論成功する可能性もあれば、失敗する可能性もあると言うことです。これは、当然のことであり、今まで投資を行ってこられた方なら、だれもが理解しているべきことで、理解していることでしょう。

株式投資においても、そのリスクは存在します。インカムゲインを得るためには、そもそも株式の金額が今後どうなっていくかということを予想しなければなりません。実際のところ、株式の価値が今後どのようになっていくか、という点は誰も完璧に予想することは出来ません。
それを考えると、やはり投資においてはリスク管理が必要であることが分かります。